歯周組織再生療法

歯周組織再生治療とは、中等度以上の歯周病で失われた組織、骨を元通りに戻す治療です。歯周病が進行すると、歯の周りの骨と歯根膜という歯根の周りの組織も破壊されます。歯周組織再生とは、この歯根膜組織と骨を再生する治療を言います。方法としては、メンブレンを使用するGTR法(Guided Tissue Regeneration)やエムドゲインを使った治療法などが知られています。どの方法にしてもまず歯周病の検査を行い、基本的な歯周治療を行った後で行う事が必要です。またどの患者さんにでも適応できる治療ではありません。治療はすべて保険適用外です。

GBR(Guided Bone Regeneration)
骨誘導再生法

GBRは歯周組織の再生法の一つであるGTR (Guided Tissue Regeneration)と同様に、人工の膜を用いて骨再生のスペースを作る方法で、中に移植骨、骨代替材等の誘導因子などを封入して、骨を再生させる方法です。

骨の補填材として最も優れているものは自家骨(患者さんご自身の骨)です。しかし、骨を採取するためには手術部位以外への侵襲と、採取できる骨の量に限界があることが問題です。しかし最近では人工骨研究が進み、種々の形状のハイドロキシアパタイトやβ-TCPが骨代替材として使用され効果を上げています。これらの材料は骨伝導能に優れているが、骨誘導能がないので骨増量材として単独で使用しても効果が十分とは言えません。そのため、自家骨と混ぜ合わせて使用されることが多くなっています。当院では、ボーンスクレパーを用いて、自家骨を採取し、人工材料と混ぜ合わせて使用しています。主に、インプラント手術の時、骨が足りない場合に行います。

Images

●治療費[一部位]・・・・100,000

エムドゲインゲル
(Emdogain)

エムドゲインゲルはスウェーデンのBIORA社で開発され、画期的な歯周組織再生の実現を可能にした製品です。主成分のエナメルマトリックスデリバティブは、歯の発生期に重要な役割を果たすタンパク質の研究から生まれ、タンパク質を含んだゲルを患歯に塗布することで歯根周囲組織のセメント質の再生を促し、骨の再生が期待出来ます。現在、歯周病によって失われた歯周組織を再生する為の手術では、第一選択になりつつあります。

Images

●治療費[一歯]・・・・70,000