ホワイトニング

ホームホワイトニング

デンタルクリーニングでも色が落ちない変色歯や、元々歯の色が黄色っぽくてお悩みの方は歯のホワイトニングをお勧めします。

ホームホワイトニングとは、個人にあったカスタムトレーを作成し、トレーにホワイトニングジェルを入れ口腔内に装着し漂白することです。 歯科医師の指導の下、毎日ご自宅で1~2時間程度行っていただきます。効果につきましては個人差がありますが、早い方だと1週間、遅くても2週間程度で歯が白くなります。

ただし、症状によっては効果がなかったり、ホワイトニングに適さないケースもありますので、まず一度ご相談下さい。

●治療費[片顎]・・・22,000円(税込)
(薬剤追加による追加料金はいただいておりません)

ナイトホワイトACP

従当院にて使用している各種ホワイトニング剤です。当院では、ナイトホワイトACPをお勧めしています。(ナイトホワイトエクセルは古い薬剤で、アメリカでは現在使用されていません)このホワイトニング剤は、ディスカス社(アメリカ)最新のホワイトニング剤で、日本国内で発売されているナイトホワイトエクセルと比較して短時間で、すばらしい効果が期待できます。

【施術の一般的なリスクについて】
ホワイトニング中、一時的に知覚過敏症状が出る場合があります。
また一時的に歯肉が白くなる場合がありますが、いずれもホワイトニング剤の使用が終了しますと症状は消失します。

Images

Images

Images

[処置料:44,000円(税込)]

Images

《術前》

全体的な歯の色調が悪く、歯の間が空いています。右上の前歯は、神経を取ってしまい、変色しています。

《術後》

ナイトホワイトACPでホワイトニングをしました。神経のない右上の前歯はウォーキングブリーチを行いました。歯の隙間は、コンポジットレジンダイレクトボンディングにて修復しました。(歯は全く削っていません)

[処置料:44,000円(税込)]

Images

この症例は、ホワイトニングとオールセラミックを併用しました。

[ホームホワイトニング 処置料:44,000円(税込)]
[オールセラミッククラウン 処置料:264,000円(税込)]

従当院にて使用している各種ホワイトニング剤です。当院では、ナイトホワイトACPをお勧めしています。(ナイトホワイトエクセルは古い薬剤で、アメリカでは現在使用されていません)このホワイトニング剤は、ディスカス社(アメリカ)最新のホワイトニング剤で、日本国内で発売されているナイトホワイトエクセルと比較して短時間で、すばらしい効果が期待できます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行うホワイトニングです。当院のオフィスホワイトニングライトはビヨンドシステムの中でも最新のビヨンドポーラスを採用しています。ハロゲン光とLED光を組み合わせた独自開発のLightbridgeテクノロジーにより、幅の広い、強力なパワーを実現。紫外線をコントロールした安全なホワイトニングライトです。程度に寄りますが1~3回の処置でホワイトニング効果が見られます。

Images

ビヨンドポーラス

Images

Images

●オフィスホワイトニング[1クール 10分×3回]・・・11,000円(税込)(福井県最安値だと思います)

ウォーキングブリーチ

神経を取ってしまい、歯が変色してしまった様なケースにはウォーキングブリーチが適しています。3~4回の処置で元通りの歯の色に戻すことができます。ホームホワイトニングと併用することにより、口腔内全体の色調を改善することができます。

Images

[処置回数3階 処置料:6,600円(税込)]

Images

[処置回数2階 処置料:4,400円(税込)]

●治療費[1歯1回]・・・2,200円(税込)