歯科用CT

朝日レントゲン社製 歯科用CT アリオスを設置しています。

インプラント治療において、CTを撮影しているかどうかは、治療中の安全性や治療結果に大きく影響します。平面図から立体を想像しインプラント治療を行うには、豊富な経験もさることながら、半分度胸も必要だとも言われていました。より確実で安全なインプラント治療を行うには、顎骨の状態を立体的に観察できるCTは必要不可欠となっています。

当院では、インプラント治療をうけられる患者さんのCT撮影診断料は無料です。(撮影時に10,000円ご請求させていただきますが、オペ時の請求から10,000円差し引かせていただきます)

Images

インプラント治療だけでなく、根管治療、歯周病治療にもCTは非常に有用です。

インプラント治療以外のCT撮影診断は10,000円となります。ただし難治性根尖性歯周炎及び水平埋伏智歯の撮影は保険での請求が認められています。詳しくは当院歯科医師にご相談下さい。

歯科用CTの特徴

Images

見えなかったものが見える。

従来はデンタルレントゲンやパノラマレントゲンで歯根や顎骨をみて治療していましたが、歯科用CTの登場で、一般のレントゲンでは撮影できなかった(見えなかった)部分が、3次元的に容易に確認出来るようになりました。また、あごの内部構造(骨の高さ・厚みや神経管の位置)や埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができます。

判らなかったことがわかる。

顎骨(あごの骨)と歯の状態を立体画像で確認することができます。また、上顎洞(鼻の奥にある空洞)の形や粘膜の状態、病巣まで発見することもできます。

できなかった治療ができる。

インプラント治療では、人工歯根を埋め込むあごの部分の立体構造を把握しておくことが必要です。またレントゲンを何枚も撮影したりするなどの患者さんへの負担を最低限にし、体に優しく的確な治療が可能になります。