虫歯について

虫歯は「C0~C4」というように5段階に分けられていて
状態によって治療法が異なります。

この虫歯はC2の虫歯です。麻酔を行い、コンポジットレジン(保険のプラスチックの詰め物)で修復しました。2回の通院で終了。保険の治療でもここまで綺麗になります。

Images

《治療前》

Images

《治療後》

ドックベストセメント

荻原歯科医院では、極力神経をとらない治療を心がけております。そのためにドックベストセメントを導入しております。ドックベストセメント(Doc's Best Cement)とは、Cooley & Cooley社から発売されているう蝕治療で用いられる銅セメントの事、またそれを用いた治療法の事です。銅の殺菌力により、従来であれば抜髄(神経をとる治療)になる症例で、神経を残すことができると期待される治療法です。3ミックス法と同様にミニマムインターベーションをコンセプトとする治療法です。殺菌効果が半永久的に持続するのが特徴で、より歯牙に優しい治療が期待できます。

Images

3Mix MP法

荻原歯科医院では、極力神経をとらない治療を心がけています。
神経を取った歯の寿命は確実に短くなります。3Mixを使うことにより、細菌を殺し、神経を保存することができる可能性があります。

3Mix法により
①歯を削る量が少なくてすむ
②神経を残せる可能性が増大する
③治療が短時間に終えることができる
などの利点があります。

しかし、3Mixは万能薬ではなく使用しても再度痛みが出てくることもあります。その時には、残念ながら神経を取ることもありますのでご承知おきください。また、この薬剤はいわゆる虫歯の治療だけでなく、歯の根の治療にも非常に効果があります。

3Mixは以下の薬剤を歯の中に貼薬します。
◯アスゾール錠[250mg]
◯ミノマイシンカプセル[100mg]
◯シプロキサン錠[200mg]

Images

◯エナメル質・・・図の白い部分
◯象牙質・・・・・図のオレンジの部分
◯神経・・・・・・図の赤の部分

 

C0

COは、カリエス・オブザベーションの略称で歯の表面のエナメル質が白濁(透明感がなく白くにごった状態)している状態で、まだ症状がなく、穴もあいていない状態です。まだ歯に穴があいていませんから、適切な歯磨きによって歯の再石灰化を促進させることによって、元の健康な状態に戻すことが出来ます。当院ではこのような状態では歯を削ることはせず、まず適切なブラッシング指導を行いフッ素を塗布しレーザー照射を行っております。また、定期的に検診を受け」虫歯の進行状態のチェックをしていくことが重要です。

Images

C1

C1はエナメル質が溶けて浅い穴が出来た状態ですが症状は出ません。フッ素を塗布しレーザー照射をするか、強い着色があって審美的な障害がある場合は虫歯の部分を取り除き、コンポジットレジン(合成樹脂)をつめて治療します。虫歯がエナメル質に限局しているので、麻酔を使用しなくても痛みを感じることはありません。

Images

C2

C2は虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進行したもので、甘いものや冷たいものがしみたりします。象牙質はエナメル質と違い削った時に痛みを感じる場合があるので,治療の際に麻酔を必要とすることがあります。C2の処置は虫歯の部分を取り除いた後、虫歯が深い場合は神経を保護する為のお薬を詰めます。その後コンポジットレジンをつめ、綺麗に磨いて終了です。奥歯の場合は金属の詰め物を入れることもあり、このような場合は初日に型取りをして、次回来院していただいた時にセメントでつめものを接着し処置が終了になります。

Images

C3

C3は虫歯が象牙質も破壊してしまい、神経にまで達してしまったことを言います。症状は神経への感染の程度により、あまり痛みのないものから、激しい痛みを伴うものまで様々で、痛みがガマンできなくて歯医者通いを決意されるのもこの頃です。激しい痛みを通りすぎると神経が完全に死んでしまうため、一度痛みが消失してしまいますが、今度は神経を通りすぎて歯の根っこの外にまで炎症が広がるので腫れを伴った、更に激しい痛みが出るか痛みがなくてもレントゲン上で根の先に黒い影(骨が溶けている為)が映ります。

~C3の処置~

1:神経が生きている場合・・・神経を取らなくてはいけませんので麻酔が必要となります。ただし、どうしても麻酔が嫌な方はお薬で神経を殺す事が出来ます。この場合、治療回数が1~2回延びることになります。神経を取った後に歯の根の中にお薬を詰めて、被せ物(俗称:サシバ)を入れます。

2:神経が死んでいる場合・・・既に神経は死んでいますから、治療中麻酔の必要性は殆どありません。この場合は炎症が歯の神経を通りすぎて神経周囲の歯質まで及んでいます。その為その感染した歯質も取り除く必要があります(針のようなやすりで削ります)。また、既に古いお薬が入っている場合は薬品や器具を使って古くなった薬を取り除いた後、歯質を削っていきます。根の中が綺麗に掃除された後に根の中にお薬を入れます。(根の中を緊密にお薬を詰めることによって、細菌が再度歯の根の中に進入することを防ぎます)お薬を詰めた後、被せ物を装着します。

Images

C4

虫歯がここまで進行してしまうと歯を保存していくことが非常に難しくなります。長くはもたないかも知れませんが前述したように被せ物を被せるか、もしくは残念ですが抜歯をしなければなりません。